BOWL

2019.07.05 FRI # product

パッションフルーツ
マスタードの
おいしい使い方

How to Use This Tropical Delight
Passion Fruit Mustard & Dressing

イベントで試食販売をすると、驚くようなスピードで売れる商品があります。「パッションフルーツマスタード」と、それをベースにした「パッションフルーツドレッシング」。カウアイ島ワイメアに工場兼店舗を構える、「アンティリリコイ」の商品です。ハワイで「リリコイ」と呼ばれるパッションフルーツ。甘ったるさはなく、特有のさわやかな風味がさりげなくマスタードに加わることで、ほかにはない絶妙な味わいを生み出しています。「肉以外には、どうやって使えますか?」。この質問を受けると、待ってました!とばかりに思わずにやりとしてしまいます。だって、びっくりするくらい万能なんです、この子たち。

既成概念をとっぱらえ!

一般的なマスタードのように、もちろんステーキやベーコンにはばつぐん。パッションフルーツのさわやかさが肉の臭みや油っぽさを中和してくれるので、一度使い始めたらむしろほかのマスタードには戻れません。さらに、このフルーティな風味が鶏肉や白身魚にもぴったり。通常のものだとマスタードのインパクトが勝ってしまいがちですが、パッションフルーツマスタードならベストマッチ。冒頭の写真のようにパテにたらして、オードブル風に仕上げるのもおすすめです。オーナー夫妻のだんな様、トニーにもレシピを聞いてみると、「あるシェフが、チキンにパッションフルーツマスタード、小麦粉、もう一度マスタード、そしてパン粉を付けてフライにしてくれたことがあったんだ。揚げることで風味が変化しておもしろい! しかも独特のフレーバーはうまい具合に残っていておいしかったよ」。つなぎと下味、一石二鳥というわけです。

ドレッシングとは名ばかりで?

このマスタードにオイルとビネガーを加えて仕上げたのが、「パッションフルーツドレッシング」。マスタードに比べさらさらしていて、使い勝手はばつぐんです。ドレッシングという名前ではありますが、前出のマスタードのようにお肉に合わせてももちろん美味。エビなどのシーフードを和えてもいいし、もう本当に活躍の幅が広い! 「白身魚にこのドレッシングを少したらして蒸してもおいしいよ。ドレッシングにお酢が入っているので、これが蒸し料理でいい仕事をするんだ」。トニーのアイデアレシピ、試さずにはいられません。

AUNTY LILIKOI

カウアイ島・ワイメアにある、約30年の歴史を誇るファクトリー。ハワイで「リリコイ」と呼ばれるパッショ...

BRAND LIST
BACK TO STORIES

THE SHOP

    PICK UP STORIES